下水の問題も水道工事で改善

水道工事会社に依頼して修理が必要になるのは、上水だけの問題ではありません。排水に関しても、問題がいろいろと出てきます。何気なく使っていると気が付きませんが、使った水はどこかに流さなければいけません。排水管が重要な役割を持ちますが、何かトラブルが起きてしまうと、知らない間に生活にも影響する大きな問題になる可能性があります。

■トラブルが下水本管からの影響を受ける

家庭で使われた水は、自然と蒸発して消えるわけではありません。近くにたれ流したりしては、衛生や環境面に大きな影響を与えてしまいます。そこで、排水管を使って、いろいろな汚水が集まる下水本管に流していきます。日常生活の中で強く意識することはありませんが、水道が引かれているところには、使った水を流す排水管が必ずあります。
排水管が詰まるような事態やトラップのように下水本管から臭いなどを遮断する部分に異常が出れば、設備として大きな問題を抱えます。詰まれば水を使っても流れずあふれてしまうため、水道を使う設備としての機能を失います。トラップが機能しなくなると、下水本管と直通になってしまい、臭いだけではなく本管の中にいるネズミや害虫も上がってきます。衛生的にも生活に強く影響する問題です。

■大きな被害を出す排水のトラブル

排水管のトラブルは、簡単に解消できません。詰まってしまった場合でも、パイプクリーナーのような市販薬剤で直せるのは、原因のほんの一部です。家庭で対処するには、限界がでてきてしまいます。水道工事会社であれば、排水管のトラブルでも原因を調査して突き止め、適切な方法を選択できます。マンションのような集合住宅では、よけいに原因追及が難しくなります。それでも専門業者の力であれば、原因の発見ができます。専門業者は配管の状況検査もできるため、予防策としても有効です。見えない部分の修理方法はかなり難しいです。まずはトラブルになっている現状を説明しながら、工事の相談をしてみるといいでしょう。

■まとめ
排水管は、素人では対処が難しい部分です。見えないのも理由のひとつですし、水道管のように常時圧力がかかっているわけでもありません。水を使ったときだけ漏れてきたりするため、発見が遅れてしまう部分です。早期に対処するためにも、なにか異変を感じたら、水道工事会社に相談することが大切です。また、修理するだけではなく、定期的な検査をしておくと長い間安心して使用できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ