修理ではなく水道工事会社に依頼して交換も

水道のトラブルが起きた時、修理を考えるのが当然です。自力で直せるのであれば、一般的には掛ける費用が少なくて済みます。業者に依頼して修理する方法もありますが、どんな時でも修理できるとは限りません。部品を調達するうえで、メーカー側の都合も出てきます。修理ができないような時には、水道工事会社に依頼して交換を考えなければいけません。

■部品の生産は10年程度

水道にもいろいろな部品が使われます。蛇口を見ても、かなり複雑な形状をしていることが分かります。機能としては、水の流出量をコントロールし、止めるのが蛇口の役割です。水道管などの規格に合わせて作られていますが、メーカーごとにいろいろな形状の商品があります。こうした蛇口はいつまででも生産していそうですが、実は生産開始から10年程度になると部品の生産もやめてしまいます。新しい商品ができるにつれて古い製品はなくなっていきます。それでも部品は10年程度在庫を持つために生産されるのが一般的です。いざ故障したとしても、部品を手に入れなければ修理はできません。わずかな隙間でも水は漏れてくるため、似たようなもので代用もできません。10年程度経った時には、修理よりも交換を考えたほうが良いです。

■耐用年数が過ぎたら交換も

耐用年数の問題もあります。細かな部品を使っているところは、どうしても部品が摩耗します。そうなると、いずれ部品同士に狂いが生じ、使えなくなってしまうのは、水回りでも同じです。耐用年数の問題でみると、蛇口でもだいたい10年が区切りになってきます。使いはじめてから10年前後で水漏れのリスクが上昇するため、トラブルを起こす前に交換を考えることもおすすめです。
蛇口であれば、自分で交換することもできます。他の部分でも耐用年数があり、修理よりも交換を考えなければいけないことも出てくるでしょう。構造的な問題もあり、自分で交換が難しい場合も出てきます。そんな時には水道工事会社に連絡して、最新の機材に交換するのが基本です。毎日使う場所になれば、いつか壊れるものとして考えておくことが大切です。

■まとめ
水道のトラブルは、交換をした方がすばやく解決できることもあります。経年劣化で起きた問題は、1箇所だけでは済みません。同じ時期に取り付けたものは、同じように経年劣化を起こします。問題も続けて発生するため、早めの対処として交換を視野に入れるべきです。こういったことも工事会社に相談すると解決しやすいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ